本日の断捨離人気ブログランキング
スポンサードリンク

50代の靴の断捨離、7つの捨て時

-
靴の断捨離をしました。玄関が散らかる条件のひとつが、靴箱に入りきらない靴が外にいつも出ていることだとようやく気付きました。靴の断捨離、捨てるタイミングと条件50代の私が靴を断捨離するときの条件をまとめました。1、傷や剥がれなど、劣化が激しい靴2、デザインが明らかに古い靴3、ヒールが高くてこの年齢では危険な靴4、形が合わなくて一日は歩けない靴5、高価だったとしても、何年も履いていない靴、6、お気に入り...

もういらない、ベッド下収納なんて

-
ベッドを使いやすいものに模様替えに伴い、ベッドを買い換えました。マットの寿命は10年と言われているのに、わが家のは購入してから20年経っていました。マットの中央部が凹んできて寝心地が悪く、朝起きたときに背中から腰にかけて痛いことが続いていたのに、寝室には物が多過ぎてどうするか決められませんでした。長いことかかって断捨離をして、やっと買いかえることができました。掃除しやすく通気性の良いベッドが欲しいマッ...

断捨離|ずっと捨てられなかったけど今日は捨てられたもの

-
ずっと捨てられなかったけど今日は捨てられたもの。それは古い服と詰め込み過ぎた情報です。まだ新しいという思い込みを断捨離別に入れたいものがあったため、何かと理由をつけては逃げていた納戸の片付けをしました。そこには、次の廃品回収が来たら必ず出そうと決めていたはずの袋も置いてありました。それをようやく、集積場まで持っていくことができました。中味は、夫と自分のスーツがそれぞれ1着ずつと、私のライナー付きの...

領収書を捨てられない母にかける言葉

-
母は80代半ばになった今も、簡易な家計簿をずっとつけ続けています。領収書は、その数字を見て家計簿に書き写したあと、捨てずに束ねて保管していました。数年分を、古い月から順番に、紙の端をそろえて。実家へ帰ったとき、母に、「あれから領収書はどのタイミングで捨てている?」と聞いてみました。前に会ったときは、それらの何年も前の領収書を「そろそろ捨てなきゃね」と言っていたので、今はどうなのか確かめたくなったので...

写真を捨てられない自分を許す

-
若いころからカメラが好きでした。休みの日は、重たい一眼レフのカメラとレンズと三脚を持ってウロウロしてました。当時流行った合コンより、一人で好きなことしてる方が気が楽でした。自由だったし楽しかったし。そのカメラやレンズは最近ようやく買取してもらったのですが、ネガと写真をいまだに捨てられません。習ったこともないし、当時は携帯とかパソコンとかも持ってなかったので、すべて自己流です。美的センスなども元々な...

冷蔵庫の断捨離のあとに読む本。これで無駄なくすっきり使える

-
冷蔵庫の断捨離が済んだら 夏は冷蔵庫の片付けや掃除に絶好のシーズンだと思います。寒い時より油汚れもゆるみやすいし、食品の安全を考えるうえでも冬より油断しませんから。しかし私は、冷蔵庫の中を片付けて不要なモノは断捨離し、ずいぶんスッキリ使えるようになった・・・つもりなのに、まだうまくいかないことがありました。それは、食べ物を無駄にしてしまうことです。保存の仕方を間違えているのか、勘違いしたままなのか...