好きなものと、スッキリ暮らす。

断捨離でシンプルライフ

本日の断捨離人気ブログランキングへ
50代の生き方人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

50代の服の枚数、断捨離で5分の1に。捨てない服とはこんな服

-
50代の服の枚数50歳以降、服の断捨離をがんばってきました。そしてようやく、1年を通して着ていない服が一枚もない状態に近づきました。久しぶりに数えてみたら、最初の数の5分の1にまで減ってぜんぶで56枚でした。パジャマなどを入れても60枚には届きません。このくらいの枚数なら、今うちにある収納場所に余裕を持って入れておけます。出し入れの際のストレスもなくなっていることに気付きました。私が結婚した頃は嫁入り箪笥な...

50代が着る無印良品の服、5つの選択ポイント

-
3年前に購入した無印良品の春ニットが、まだ肌寒い今の時期に活躍しています。50代の私が無印良品で服を選ぶときに見ているのは次の5つのことです。1.上品でシンプルなデザイン2.肉感を拾わない、ほどよくゆとりのある身幅と袖幅(パンツの場合はヒップとわたり幅をチェックします)3.肉感を拾わない厚みの生地、編み目、地模様など4.冷えない程度に腰部分が隠れる着丈(パンツの場合は股上の深さ)5.柔らかく肌触りの...

服の断捨離ができない父から学んだこと

-
この記事は父が亡くなって10年経ったのを機に、書き直したものです。押入れの片付けで思い出した父の姿当地では昨日の昼過ぎ、突然空が暗くなって雨が降り出しました。着古したセーターにチノパン、すっぴんにマスク、首には100円ショップで買ったネックウォーマーという貧乏くさいかっこうで和室の押し入れを片付けていた私は、「なんで、いつまでたっても片付かないのだろう?」「私にはそんなに学習能力が足りないんだろうか」...

50代の靴の断捨離、7つの捨て時

-
靴の断捨離をしました。玄関が散らかる条件のひとつに、靴箱に入りきらない靴がいつもあるということにようやく気付きました。靴の断捨離、捨てるタイミングと条件50代の私が靴を断捨離するときの条件をまとめました。1、傷や剥がれなど、劣化が激しい靴2、デザインが明らかに古い靴3、ヒールが高くてこの年齢では危険な靴4、形が合わなくて一日は歩けない靴5、高価だったとしても、何年も履いていない靴、6、お気に入りでも...

もういらない、ベッド下収納なんて

-
ベッドを使いやすいものに模様替えに伴い、ベッドを買い換えました。マットの寿命は10年と言われているのに、わが家のは購入してから20年経っていました。マットの中央部が凹んできて寝心地が悪く、朝起きたときに背中から腰にかけて痛いことが続いていたのに、寝室には物が多過ぎてどうするか決められませんでした。長いことかかって断捨離をして、やっと買いかえることができました。掃除しやすく通気性の良いベッドが欲しいマッ...

断捨離した服|ずっと捨てられなかったけど今日は捨てられたもの

-
ずっと捨てられなかったけど今日は捨てられたもの。それは古い服と詰め込み過ぎた情報です。まだ新しいという思い込みを断捨離別に入れたいものがあったため、何かと理由をつけては逃げていた納戸の片付けをしました。そこには、次の廃品回収が来たら必ず出そうと決めていたはずの袋も置いてありました。それをようやく、集積場まで持っていくことができました。中味は、夫と自分のスーツがそれぞれ1着ずつと、私のライナー付きの...