やっぱり最強!こんまり流ズボンの畳み方でスッキリ簡単クローゼット収納 (たたみ方画像つくりました)


スポンサードリンク


エルです。ブログへお越し頂きありがとうございます。

スッキリと片付いた部屋にするため、断捨離しながら簡単で続けやすい収納方法を考え実践中です。

断捨離を始めてから、よく着る服を2階のクローゼットから1階の壁面収納へ徐々に移しています。

デニムやレギンスパンツはくるっと丸めて収納していましたが、取り出す時に崩れやすかったので、こんまり流の「自立する」畳み方を真似てやってみました。

ズボラな私に続くだろうかと思っていたのですが、大丈夫でした! パッとズボンを取っても他のが崩れないからストレスがないんです。
スポンサードリンク
前は、丸めて100均のバスケットへ収納していたデニムやレギンスパンツ。

パンツ類は、自立するこの畳み方が一番出し入れしやすいとわかりました。

こんなふうに、こんまり流を真似て畳んでいます。


こんまり流ズボンの畳み方 (1)

こんまり流ズボンの畳み方 ()


こんまりさんは半分に畳んだあと裾とウエスト部分を重ね、それから半分に畳むやり方ですが、私は三分の一に畳んでから半分に折っています。

自分にはその方がやりやすかったからですが、理屈は同じです。

出しやすく戻しやすい収納=「吊るす」「畳む」を出来るだけラクに。 

片付け下手な私が管理しやすい収納を考えていくうえで、量を減らすことと同時に考えていきたい課題です。

立てて入れるというこんまり流の畳み方は、手間がかかるようで実はとても論理的なのだと思いました。
関連記事
Posted byエル