こんまり流セーターのたたみ方を画像付きで。100均カゴ使います。


スポンサードリンク


エルです。ブログへお越しいただきありがとうございます。

好きなものと共に楽しく暮らせるよう、断捨離しながら簡単で続けやすい収納法を試しています。

今日は、こんまり流をベースにしたセーターのたたみ方を、画像とともに紹介します。

快適なのは、セーターが伸びてしまわないことと、1枚を取っても残りのが崩れてこないことでした。

不器用な私ですが、すぐ慣れて、ゆっくりやっても20秒程度で1枚のセーターをたためるようになりました。
スポンサードリンク
テーブルの上に置くとき、セーターは、前後どちらを上にしても大丈夫です。

前に柄がある場合は、畳んだ時そちらが表に見えるよう、後を上に向けで置きます。

ポイントは、袖を身頃側へ畳む時に、机の端のラインと並行にすること。(1枚目画像の真ん中)

長方形を意識していると、失敗しないように思います。

セーターのたたみ方 A

セーターのたたみ方 B

セーターのたたみ方 C


このセーターの場合は、裾から3分の1ずつ畳んで、襟の部分まで持っていきました。

100円ショップのバスケットに入れて収納すれば、一枚を抜いても、他のが倒れてきません。





気分よく着て、気楽に収納したいですね。

こんまり流、ズボンのたたみ方はこちらに書きました。

 こんまり流ズボンの畳み方 ()
「こんまり流ズボンの畳み方で、スッキリ簡単クローゼット収納」




秋から冬は衣類のカサが増しますが、お洒落は楽しめる季節ですね。

苦手だったことを改善して、小さなストレスを解消していきたいと思います。
関連記事
Posted byエル
100均収納