やっぱり履けなかったボトムス4本、断捨離のマイルール3つ


スポンサードリンク


捨てるデニム

エル(@elle19890)です。ブログへお越しいただきありがとうございます。

クローゼットが服の断捨離で使いやすくなってきました。今後は、着ていて楽しい気持ちになれるような大人のシンプルコーデを学んでみたいと思っています。

去年は残したけれど今年はどうだろう?と思いながらボトムスをチェック。捨てようと決めた服と、その見極め基準について報告します。

こちらはお洒落なクローゼット収納術や持ち物の選び方などが読めるランキング。参考にしています。

インテリア 片づけ・収納ブログランキング


スポンサードリンク
ボトムス


こっそり「また痩せたら履けるはず」と思って残していたボトムスについて見直してみました。

履いて鏡の前に立ってみましたが、残念ながら、今後も履いてこうとは思えない状態でした。

春のトップスやワンピースについてはこちらに書きました。

「好き」と「似合う」は別物と知って捨てた春の服、5枚。断捨離ルール3つ。


捨てるズボン (1)


捨てようと決めたのは、デニム3本とカーゴパンツです。手前のチノタイプ2本は残します。

淡い色のがダメージ加工を施したもの。黒のがスキニー。その前2本が、ボーイフレンドタイプのブラックデニムとカーゴ。

デニムは特に大好きで、流行ればその形の物を買っていました。だからなかなか手放せませんでした。




断捨離基準3つ


①洗ったあとも形が崩れているとわかるものは捨てる。元から形の悪い私の足をさらに目立たせてしまうから。

②好きだけれど、こういうダメージタイプやスキニーなどを同世代で着こなしているのが、お洒落の達人だけだと自覚する。

③デニムやカーゴを履いてガンガン動かなければならない日常ではなくなった。つまり「今」履かないものは処分。



こういう理由で手放すべきものが、家のあちこちから出てきそうです。服に限らず。



気持ちと目的の変化。


以前の私は片付けに対しても自分に対しても、とてもネガティブな感情を持っていました。と同時に、それを動くための力にしていました。

力は必要ですが、今はもう後ろ向きな気持ちでいるのはやめます。

服についていえば、断捨離の目的が「減らしてスッキリさせる」から、「ちゃんと捨ててから今の自分に合う物を買いたい。服を着ることを楽しんでみたい」に変わりました。

”今日のコーディネート”で同世代ブロガーさん達のファッションを探すのが楽しみになっています。皆さんお洒落で素敵なんです。



ブログ村テーマ
今日のコーディネイト




2年前と今年とでは、漠然と描いていた将来へのイメージも大きく変わっています。

今度ボトムスを選ぶ時は、自分の欠点をカバーしてくれるような形のものにしたいです。履いて出かけるのが楽しいと思えるような。

断捨離や収納を考えるのもそれと同じで、自分が楽しくいられる状態を想像しながら行うのが長続きさせるコツだと思っています。

トラコミュには、服の断捨離やクローゼット収納のお手本にしている記事がたくさんあります。よかったらチェックしてみてください。




トラコミュ  服の断捨離 ・ 整理収納

トラコミュ  大人が着る無印とユニクロの服

トラコミュ  50代からのファッション

トラコミュ  こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ



今日も読みに来て下さってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。バナーのどれか一つをクリックして下さると更新の励みになり嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 

関連記事
Posted byエル
こんまり流