服の断捨離、540日でゴール


スポンサードリンク


DSC_0116.jpg

好きなものと共に楽しく暮らせるよう、断捨離しながら簡単で続けやすい収納方法を考えています。

2014年に、クローゼット全体の画像を初めて公開しました。

それ以降も少しずつ減らしてきて、先日、「これをゴールにしよう」というところまで来ました。

今日は、私の持っている服の画像と、これから服を持つ基準として決めたことについて書きます。

整理収納 プロ・個人ブログランキングで憧れのブロガーさんのお洋服をずっと拝見してきました。すっきりとしたクローゼットに収まる服はどれも幸せそうで、片付けの参考になります。

整理収納 プロ・個人 ブログランキングへ

スポンサードリンク
** 私のクローゼット収納の目標 **


・全ての服が活用されていること。

・ひと目で全体量を把握できること。

・出す時も戻す時もストレスが少ないこと。

2016年4月。この3つの目標は達成できましたので、服の断捨離としてはゴール地点に軟着陸出来たと思います。




30代後半から40代半ばにかけてが、人生でいちばん洋服にしがみついていた時期。

ブログを始めたときに約280枚あった洋服は、その後も少しずつ減らしてきました。でも、この時(2014年)にはまだ120枚以上ありました。

この頃の私は、高価だった服やちょっと褒められただけのもう着ない服を、まだ手放せないでいました。

2016年4月2日。次の画像が、久しぶりに全ての洋服を出した時の様子です。


2016年4月1日 全ての服


30代後半から40代半ばに着ていた服も、特別なものをのぞき全て捨てることが出来た状態です。

この30代後半から40代半ばにかけてが、人生でいちばん洋服にしがみついていた時期でした。

当時は気付きませんでしたが、今はよくわかります。




服の断捨離のゴール


このあといったんクローゼットへ戻し、時間をかけていろいろ考えました。

正解かどうかは別として、「何を着ていいかわからない状態」ではなくなりました。

ダウンジャケットや白いトップスが多い気もしますが、全ての服が活用されている状態になったので満足です。

喪服やパジャマ、インナー類をのぞき46枚。クリーニングに出しているコートと今着ている服を足して49枚になりました。




この先の片付けの目標

・自分の好きな服、似合うと思える服だけが入った状態にする。

・必要なら迷わず買い換えられる目を養う。

・扉を開けたとき心が躍るようなクローゼットにする。




似合う似合わないはプロの判断もあおぎます。でも、結局は自分の思い方ひとつ。

難しい目標ですが、アンテナを張りながらトライしていこうと思います。

服の断捨離の参考に読んできたトラコミュ、おすすめはこの4つ。チェックしてみてください。

トラコミュ
服の断捨離 ・ 整理収納


大人が着る無印とユニクロの服

50代からのファッション

こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ

お手数おかけします。ポチッとお願いします。いつもありがとうございます!

関連記事
Posted byエル