捨てられなかった服の捨てどき


スポンサードリンク



片付いた部屋で好きなものと共に暮らせるよう、簡単で続けやすい収納法を考えています。

ハンガーを引き抜くこともままならなかった断捨離前と比べれば、クローゼットはだいぶ使いやすくなりました。

それでもまだ捨てられない古い服がありますので、ときどきクローゼットの中の服を出してみて、気持ちが変わっていないか確かめます。

断捨離ブログがたくさん読めるランキングです。
断捨離人気ブログランキング
スポンサードリンク
■服の捨てどき■

捨てどきは、生地の傷みなどとは別の点でみてみると手放そうと思うようになりました。

体にあてて鏡の前に立ったとき、顔と服がちぐはぐに感じる場合。

この服を着て出かけた先で、ばったり昔の友人に出会ったとして、後悔しそうな予感がする場合。

もし着ることが出来なくても、手もとにあれば幸せな気持ちになれる服かどうか。そうでない場合は捨てどき。



■服を増やさない意識づけ■

着て楽しむことができる服の数には、限りがあるとやっとわかってきました。

これからは、傷み具合が気になったり、サイズが合わなくなったと感じたときだけでなく、服を増やさないことも意識しながら片づけていこうと思います。



「整理」・・・着る服を探せないというストレスを減らすために、服を減らす。

「収納」・・・どんな服があるか知っている安心感につなげるため、わかりやすい収納をつくる。

「キープ」・・・使いやすい状態のクローゼットを維持できるよう、増やさない意識を持つ。


服のすべて


参考になる記事が読めるブログ村のテーマ、おすすめはこの3つです。

ブログ村テーマ
大人が着る無印とユニクロの服


ブログ村テーマ
服の断捨離 ・ 整理収納


ブログ村テーマ 
押入れ~クローゼットの収納
 



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
関連記事
Posted byエル