本日の断捨離人気ブログランキングへ
50代の生き方人気ブログランキングへ

50代が無印良品で夏服を買うときの6つのポイント

スポンサードリンク
春先に、50代が着る無印良品の服、5つの選択ポイント という記事を書きました。今日は、その夏バージョンを書いてみたいと思います。

私なりに楽しむための、ちょっとしたルールです。


無印良品 太番手天竺編みボートネックワイドTシャツ(半袖)

1.定番のシンプルなデザイン

無印でも流行を取り入れた形が毎シーズン出ますが、年齢的に難しいと感じるので、なるべく定番に近い形のものを選びます。

2.肉感を拾わない、ほどよくゆとりのある身幅・袖幅・わたり幅

トップスの場合は、背幅と袖ぐりに余裕があるか。パンツの場合は、後ろから見たヒップの下あたりに変な皺が出ないかを確かめます。

3.夏でも、肉感を拾わないよう、あるていど厚みのある生地

薄手の生地は涼し気ですが、どうしても動いたときにお腹や背中、腰のあたりのラインがひびきやすくなりますので、しっかりめの生地の服を選びます。

4.長すぎず短すぎず、パンツでもスカートでも合わせやすい着丈



スポンサードリンク
50代になってから、春夏はスカートをはくことも増えてきました。

もう小さい子供がいるわけではありませんので、足元が涼しいスカートをたくさん使おうと思ったからです。

ブログ村テーマ 50代を考え暮らす


無印良品 太番手天竺編みボートネックワイドTシャツ(半袖)

そのためには、スカートの外に出しても大丈夫な着丈のものがありがたいです。

中に入れるとお腹がポッコリ出てしまうので。

5.柔らかく肌触りのいい、吸湿性の高い素材のもの

夏場はお洗濯の回数も増えますので、なるべく早く乾くものがいいのですが、できれば肌触りのいい綿100%のものがいいです。

早く乾くことも大事ですが、肌にまとわりつかないことを優先したいです。

6.顔色が暗く見える色の服は避ける 

渋い色の服は素敵で昔から好きだったのですが、これから選ぶなら明るい色です。

顔の色が暗く見えない服を選ぶのは秋冬も同じですが、秋冬なら、もし黒いトップスを選んでも、明るい色のストールでカバーすることができます。

でも、夏場はそれが難しいです。

無印オーガニックコットンストレッチTコーデ (1)

明るい色のストールを使ってカバーできなくなってくる夏場は、服自体が明るい色のものを探すようになりました。

今、無印良品は昔と違って、ずいぶんおしゃれな店構えになっていますね。

若い人が利用するお店だというイメージもだいぶ減ってきました。

心が明るくなるような服を着て、どんなお店も楽しく利用できる50代でありたいと思います。


(ブログ村テーマ)
大人が着る無印とユニクロの服

50代からのファッション

今日の断捨離ブログランキング1位

50代ファッション人気ブログランキング1位

関連記事
Posted byエル
無印良品