本日の断捨離人気ブログランキングへ
50代の生き方人気ブログランキングへ

50代からの断捨離。捨てられなかったけど捨てたもの

スポンサードリンク

断捨離のタイミング


服の断捨離で中は空っぽにできていたものの、2年近く放置していたキャスター付き押入れ収納庫を捨ててきました。

「1年使わなかったら、もうそれは捨ててもいいもの」とよく聞いてはいましたが、私は1年では思い切れませんでした。

自分で納得できるタイミングがくるまで待ってから捨てて、後悔のないようにしています。

捨てようと思えたのは、その空っぽのキャスター付き収納庫を入れていた場所に置きたいものが別に出てきたからです。

押入れ 6畳
*イメージ画像です



物の捨て方を変える


古いとはいえ、まだ使える収納庫は、捨てるのに時間がかかりました。

これに限らずですが、はじめのうちは、そのような「ごみで出す」のが辛い物はネットで売ったりリサイクルショップへ持ち込んだりしていました。

少しでも、捨てる罪悪感を消したかったからです。

でも、だんだんそういう手放し方もしんどくなってきました。

スポンサードリンク

「捨てる罪悪感」を捨てる


50代に入ってからは、年々、体力や気力の衰えるスピードも速くなっています。

でもこれは仕方ないことなので、悲観はしていません。

むしろ体力気力が衰えてきたからこそ、少しでもやる気があるうちは、どんな方法でもいいので物を減らしておこうと思うようになりました。

50代という年齢と先のことを考え、「捨てる罪悪感」そのものを捨てられるようになってきたのだと思います。

ブログ村テーマ50代からの片付け・収納・家事



大事でもない古いものに縛られ続けるのは、哀しいです。

持っているだけで息苦しいような物は、捨てられない理由にかかわらず手放していきたいです。

思い切りの悪い私ですが、無理だと思っていた大きな家具や家電も、人生で最高値の買い物だったジュエリー類も、処分したり売ったりできました。



シニアの片付け


片付け始めてからずっと考えていたのは、「どう捨てるか」より、「どうして私は捨てられなかったのか」ということ。

自分の頑固さや古臭さに辟易することもありましたが、片付けているうちに私も少しずつ変わってきています。

50代はすでにシニア世代なのだということも納得できるようになりました。

いつか間に合うのは収納庫ではなく、自由に使える空間と心の余白だというのを、日々実感しています。

あきらめず、これからも身軽な暮らしを目指していきます。



(ブログ村テーマ)
持っていなくても困らないもの

50代からのファッション

大人のユニクロ コーデ

服の断捨離・整理収納

捨てても、困らなかったもの

断捨離ブログランキングへ

50代ファッション人気ブログランキングへ


関連記事
Posted byエル