本日の断捨離人気ブログランキングへ
50代の生き方人気ブログランキングへ

50代の服の数は今のクローゼットにゆったり入る分だけにする

スポンサードリンク

服が多すぎました


結婚する時、いわゆる婚礼ダンスは、もともとの3点セットに同じシリーズのブレザーダンスを1本追加して計4本を持ってきました。

私がずっとその4本のタンス全てを使ってきました。

それでも年々服が増え続けそのタンスには入らなくなり、押入れや納戸にも衣装ケースを入れて保管するようになっていました。



ずっと、「破れてもいない服を捨てる」という考えはありませんでした。

その反面、「新しい服を毎シーズン買いたい」という気持ちもありました。

捨てずに買い続けたので、当然、服はどんどん増えてしまいました。


箪笥2本タンス


建売住宅を購入後も、壁面に作ってあった収納に服を入れていきました。

持っている服のうち現在進行形で着ている服は、そのうちの何割だったでしょうか。


ブログ村テーマ 50代を考え暮らす




着ない服のために手間をかけるのが嫌になりました


古いデザインで着ることももうないのに、大事に持って手入れだけはしてきた服もたくさんありました。

衣替えのシーズンになると防虫剤を入れ替え、風にもあててきました。


スポンサードリンク

手間がかかったといっても大したことはありません。

でも、これをこの先の老後でも続けるのか?と思ったら、なんだかゾッとしてしまいました。

そしてようやく服を減らす気になりました。



服の断捨離に役立った本は、あの有名な本です。

地曳さんの言い方は少し強いように思いますが、面白かったです。

そしてたしかに心動かされました。





服は、収納スペースや自分の管理能力に合わせて持つことを目標にします


今ある服は当時の2割以下の量になりました。

断捨離の途中では、タンス自体が余ってきました。

その余ったタンスは夫に譲りました。

服を入れるスペースがあると、また私の中に「服を買いたい」という気持ちが出てきそうだったからです。



私自身は今、タンス2本と壁面収納の一部に、余裕をもって服を入れることができています。

何年もかかって服を減らしてきて、このぐらいの量が私にはちょうど良いとわかりました。

何がちょうどいいかというと、「喪服以外はどの服もオンシーズンに着ることが出来ていて、衣替えの必要もなくなった」という点です。

それぞれの服も出し入れしやすくなりましたし、詰込みによるシワがついてしまうこともなくなりました。



これからも、「服は今あるタンスにゆったり入るぶんだけにする。これ以上は持たない」

そしてもし新しい服が欲しいなら、必ず同じ枚数だけを捨てるという約束も自分としています。

私もそろそろシニア世代です。

心の負担を軽くしながらお洒落する方が楽しいし、ラクです。


(ブログ村テーマ)
持っていなくても困らないもの

50代からのファッション

大人のユニクロ コーデ

服の断捨離・整理収納

捨てても、困らなかったもの

断捨離ブログランキングへ

50代ファッション人気ブログランキングへ


関連記事
Posted byエル